« 現下の政治改革とは官尊民卑の官僚主導中央集権政治を軌道修正することである(3) | トップページ | 小沢裁判控訴の不正義-大マスメディアのジャーナリストを糾す »

小沢一郎無罪報道に見るマスメデイア・ジャーナリズムの狂気

小沢一郎の冤罪裁判の判決が無罪という形で一審を終えた。しかし、この無罪判決は当初より危惧された有罪判決と同質の判決理由が付加されたものである。

しかもその判決理由は、有罪の理由に相応しいものであり、無罪を矮小化して小沢一郎の政治生命を奪う国家権力の意思を明瞭に示すものに他ならない。

つまりこれは、国民主権の裁判ではあるまじき有罪判決に代えて、限りなく黒に近いグレーであるという情報発信にすりかえた判決と看做すべきである。それ故、間髪を入れず、官僚機構と一心同体の自民党谷垣禎一と石原伸晃は「限りなく黒に近いグレー」の論理を用いてすかさず国会での証人喚問をするとの非難を再開させた。

そして大本営発表の官報複合体たるわが国のマスメデイア・ジャーナリズムは、自民党が用いた「限りなく黒に近いグレー」という言葉を用いた解説に余念がない。この国民の正義を踏みにじる浅ましい姿は、真実を覆い隠した者の歪んだ狼狽の姿と捕らえるべきものなのだろう。

マスメデイア・ジャーナリズムの報道の基本は、石川元秘書が供述したとされる「表に出したくない資金だから、虚偽記載をした」ことを基本にして、その共謀の有無を裁いたものだとしているところに、その不正義の本性を如実に現している。

「黒に限りなく近いグレー」の論拠となる「表に出したくない資金」なる石川供述こそが、この裁判でも国民的にも厳しく批判された検事の田代政弘が捏造した虚偽の供述調書である。この犯罪的供述調書をもとに小沢を疑惑の人物と断定する論調は、小沢一郎の政治復帰をあくまでも阻止するための意図以外のなにものでもないであろう。

そして、民主党の政権公約の破綻や、現在の政治の混乱、或いは民主党内の対立を小沢一郎にその原因があるという論旨は、重大な人権蹂躙であり、児戯にも等しい浅はかな詭弁である。

民主党内の対立は、小沢一郎が起こしたことではなく、民主党の政権公約を破綻させたのも小沢一郎ではない。昨年の東日本大震災の復興から現在の消費税増税に関わるこの国の政治の混迷と空転は、党員資格を剥奪されて政治活動を抑圧された小沢一郎が手出しできない状況の中で引き起こされたものである。

この国を亡国へと転落させる真の元凶には目をつぶり、それを阻止しようとする志の人間を完膚なきまでに抹殺する日本の大手ジャーナリズムの言論は、既にして看過できない犯罪の領域まで足を踏み入れている世界でもまれな狂気の集団であることを、政治改革を願う多くの日本人に伝えたい。

|

« 現下の政治改革とは官尊民卑の官僚主導中央集権政治を軌道修正することである(3) | トップページ | 小沢裁判控訴の不正義-大マスメディアのジャーナリストを糾す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎無罪報道に見るマスメデイア・ジャーナリズムの狂気:

« 現下の政治改革とは官尊民卑の官僚主導中央集権政治を軌道修正することである(3) | トップページ | 小沢裁判控訴の不正義-大マスメディアのジャーナリストを糾す »