« 日本の安全保障には経済再生が不可欠である‐低迷する日本経済の原因、消費税増税を強行した東大官僚の罪を問え | トップページ | 東大官僚支配日本政府の断面-核再利用原子炉もんじゅに見る当事者能力の欠如 »

共産党独裁中国の覇権主義は看過できないー歴史認識誹謗を止めさせる日本の立場

中国は国連を利用して戦前の日本をあたかも現在の日本の姿のごとくの詭弁を弄して激しく日本非難を行った。これに対して、日本の軍縮大使なる東大官僚は戦後70年、日本は平和維持に貢献してきたと反論にもならない言い訳のような主張しか出来なかった。東大外務官僚の能力のなさを世界に晒した愚かな歴史を繰り返した感がある。戦前の国際連盟の討論の場でも、中国国民党や韓国の李承晩亡命政府の抗日非難に敗れた無残な姿の再現のようにである。

 

何故、いまや日本人を侮辱する常套手段と化した歴史認識非難を止めさせることが出来ないのか。理由は明白である。日本政府は日本国民を代表する機関ではなく、東大官僚が壟断する機関だからである。しかも戦前同様、天皇勅任を利用しながら国民を支配し、しかし天皇の権威など全く意に介さない独善集団であるからだ。そして満州侵略に始まるあの亡国の戦争は東大官僚を含む天皇勅任官僚によって起こされたものでもある。

 

陸士海兵の軍事官僚は壊滅したが、東大官僚は戦前のまま無傷で残った。それ故に東大官僚日本政府は戦前の侵略戦争を自衛のための正義の戦争という主張を変えるつもりがないのだ。この東大官僚の意思を代弁するのが日本の右翼自民党に連なる勢力である。ナショナリズムを刺激しながら『泥棒にも3分の理』的な空しい反論をする。これが独裁国家中国や韓国が歴史認識がなってないという日本国民誹謗の非難を繰り返す唯一の原因である。

 

歴代自民党総裁も、社会党首相も、中国や韓国のみならずアジア諸国に対して、誤った政治から侵略戦争を起こし、未曾有の被害を及ぼしたことを反省し、謝罪してきた。この宣言は東大官僚日本政府でも抑圧することができなかった日本国民の総意を代弁したものであった。これら戦後の歴代首脳は戦争を起こした世代の日本人である。戦争に関わらない大多数の戦後世代の日本人は、これを是とする立場である。

 

もし今なお日本人の歴史認識に問題があるとしたら、過去の犯罪を客観視できずに、戦前世代の首脳の反省と謝罪を反故にして、東大官僚日本政府のように、あの戦争は自存自衛の正義の戦争だったと主張したときであろう。良識ある日本人なら、そんな愚劣な背信行為は絶対にしない。

 

満州事変以来、日本軍国主義は非道かつ残虐な中国侵略を行った。南京事変で30万人虐殺しようがしまいが人数など大きな問題ではない。このような蛮行を犯した官僚主導天皇専制国家から敗戦後の日本は生まれ変わり、国民主権の下、自由と思想信条の自由などの基本的人権を擁護する民主国家になったからである。

民主国家日本国民の世界情勢に対する未来志向の関心は、戦前の過去にはない。最大の関心は戦後70年後の現在も、戦前の日本帝国のように国民の基本的人権を蹂躙し、国民を殺戮する政権が存在しないことにある。そしてそのことを戦後70年間、強く世界に発信してきたのである。東大官僚が日本政府を支配してはいるが、国民の民主主義意識は国連憲章や日本国憲法の理念に謳うあらゆる人間抑圧の行動を非難し、是正を強く求める立場に常に立つまでになっているのである。

 

独裁国家中国の日本非難は全く正当性を持っていない。なぜなら、大多数の日本人は戦前の大日本帝国の名で行われた全ての蛮行の事実は否定しない立場であるからだ。しかし戦後において、国家が自国民や少数民族を弾圧し、殺戮する行為を黙認することはしない。日本人の大多数は、第二次世界大戦終了後に行われたこの種の国家による蛮行に関心がある。過去の話は他国から指摘される必要など全くないのだ。その証拠は、日本は武力行使によってただの一人の外国人を殺戮したこともないし、思想信条や言論を理由に国民を殺戮したことがないからだ。

アジアの平和と安定のために、戦後70年の現在に至るまでの歴史の中で、何が行われてきたかにのみ関心がある。

 

中国共産党政権は国民の自由と基本的人権を抑圧していないか、中国国民を惨殺していないか、少数民族を抑圧し、殺戮していないか、韓国は戦前の日本のように従軍慰安婦を強制連行していないか、という関心がある。

 

日本国民は事実に基づくならば、日本帝国軍部が行った蛮行を全て事実として認める。従軍慰安婦もしかりである。しかし現代の中国共産党政府はどうか、韓国政府はどうか、北朝鮮政府はどうか、戦前の日本と同様の国家的蛮行を犯していないかに、関心があり、それについての討論をしたいと願っているのである。

 

このような主張は戦争肯定の東大官僚には絶対に出来ないことである。無論、東大官僚のお先棒担ぎで靖国神社に参拝する自民党や民主党の愚か者には不可能なことだ。

 

つまり、いつ戦争を起こすかわからない中国共産党政権を相手にして、日本は一刻も早く東大官僚支配日本政府を作り変えなければならないのである。そして中国政府の人権抑圧を黙認して、憲法9条守れ、日米安保条約を廃棄せよのステレオタイプの反自民党左翼も排除しなければならないのである。

|
|

« 日本の安全保障には経済再生が不可欠である‐低迷する日本経済の原因、消費税増税を強行した東大官僚の罪を問え | トップページ | 東大官僚支配日本政府の断面-核再利用原子炉もんじゅに見る当事者能力の欠如 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512857/62562046

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党独裁中国の覇権主義は看過できないー歴史認識誹謗を止めさせる日本の立場:

« 日本の安全保障には経済再生が不可欠である‐低迷する日本経済の原因、消費税増税を強行した東大官僚の罪を問え | トップページ | 東大官僚支配日本政府の断面-核再利用原子炉もんじゅに見る当事者能力の欠如 »