« 安倍晋三にしか日本の政治改革は期待できない―東大官僚中央集権政治の打倒 | トップページ | 安倍晋三よ、財務省と外務省の東大官僚に内政も外交も委ねるな-国家を破綻させる日本の病理 »

都知事選挙で見えたこと―官尊民卑の利権官僚政治に挑むものが勝利する

東京都庁は霞が関と同様に官僚が支配する伏魔殿と呼ばれてきた。そして本来、国民主権たる地方自治政府であるべき存在であるにもかかわらず、莫大な税金が転がり込んでくるがゆえに発生する様々な官僚役人利権に自民党の汚職と不正を生業とする醜悪な政治屋が寄生し、食い物にしてきたのだ。

 

それがスウェーデンの国家予算と同額でありながら、無駄と汚職の温床たる箱もの行政に血道をあげて、地方政府が果たすべき都民のための政治から恐ろしく乖離した、後進国並みの劣悪なものであったのだ。

 

それが30年前と何も変わらず、未だに保育園が足りない、待機児童が1万人を超える、高齢者介護施設も職員も足りない、低賃金にあえぐ若年層に溢れ、しかも子供の出生数が全国平均よりも著しく劣るなど、惨憺たる怠慢行政の典型であった理由である。懲罰にかからないのが不当だというべきであろう。

 

一極支配で肥大化した東京都は東大官僚が支配する日本政府のミニチュアである。しかし霞が関よりタチが悪いのは、都政改革を志向して都民から支持された最高指揮官たる知事の統治権限すら議会の多数派工作によって圧殺できることであった。それ故に、東京都は今なお自民党だけでなく、与党も野党も無関係に、都議会議員だけでなく、国会議員もうごめく利権の伏魔殿であり続けてきたのである。

 

日本の政治を改革し、日本を再生させる力は、民主党の歴史的背信政権を見た今、何でも自民党反対の政治勢力では断じてありえない。改革する力は、官僚政治に寄生する腐敗した自民党の中にあって官僚政治に敵愾心をもった者の政治意識である。それを体現したものは、小泉純一郎以来、必ず日本国民の圧倒的な支持を獲得することで証明されている。

 

今度の東京都知事選は、その典型例を我々に示している。同じ自民党員でありながら、小池ゆり子は永年の宿痾たる自民党の暗闇談合政治に強烈な反感と敵愾心をもって立候補した。予想されたことであるが、腐敗の利権政治屋勢力自民党都連は暗闇談合自民党政治の体現者東大官僚を擁立し、口汚く小池を追い落とす挙にでた。

何でも自民党反対の左翼は、所詮は児戯に等しい情念的政治思考しか持っていないから、全ての左翼野党が連合したとしても、腐敗官僚政治に敵愾心を現した小池ゆり子に歯が立つわけはなかったのだ。それは自民党の腐敗勢力が担ぎ出した革新官僚を気取る増田寛也とて同じことであった。

 

日本国民は、小泉純一郎以来、いや、細川護熙以来、東大官僚政治に対する嫌悪感と、その政治の改革を望んでいることを、我々は今回の都知事選挙でも痛切に感じ取ることができる。

 

安倍晋三は、東大官僚とのしがらみの中で、反東大官僚中央主権政治を志向している。その内閣の一員である石原伸晃はどうか。父親と同様に、政治家としては言語道断である政治的信念を持たず、人間としても卑劣極まりない右顧左眄の小心者である。これが自民党都連の会長であり、経済再生大臣を担っているというのだ。

腐敗自民党とのバランスの中で政権運営しなければならない安倍晋三の苦衷が思い知れるというものである。下劣な自民党との接着剤として石原伸晃を使わなければならないのであろう。そして自民党が分裂した今回の都知事選挙を通して、日本の政治を改革する新しい方向性と集団が見えてきたと言えるのかもしれない。

反小池ゆり子の立場を明確に現した者こそ、自民党から駆逐されるべき日本のガン細胞たる抵抗勢力である。つまり、石原伸晃以下の自民党東京都連である。その醜悪さは幹事長の内田茂や都議会議長の川井重雄の姿に凝縮されている。

そして国民主権の理念たる安倍晋三の国民ファーストと小池ゆり子の都民ファーストは東大官僚が支配する官尊民卑の中央集権政治に対する強烈な対立理念である。この理念こそが自民党をぶっ壊す理念であり、自民党反対の正当な理由である。それ故に、東大官僚の中央集権政治に敵愾心を持つ自民党員と、東京一極支配を弾劾する統治機構改革を叫ぶ橋下徹の大阪維新の会は、同じ政治理念で連携できる今の日本では唯一の政治改革勢力なのかもしれない。

|
|

« 安倍晋三にしか日本の政治改革は期待できない―東大官僚中央集権政治の打倒 | トップページ | 安倍晋三よ、財務省と外務省の東大官僚に内政も外交も委ねるな-国家を破綻させる日本の病理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512857/64004415

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選挙で見えたこと―官尊民卑の利権官僚政治に挑むものが勝利する:

« 安倍晋三にしか日本の政治改革は期待できない―東大官僚中央集権政治の打倒 | トップページ | 安倍晋三よ、財務省と外務省の東大官僚に内政も外交も委ねるな-国家を破綻させる日本の病理 »