« 官僚政治を変える政界再編の道‐政治改革を望む国民は理念なき自民党反対の左翼ジャーナリズムや政党と決別せよ | トップページ | 東電福島原発事故は東大の独善が生んだ人災である‐津波の危険性を過小評価した原発企業経営者の重大な過失である »

東大官僚がパニックを起こして安倍晋三政権潰しに出ている―豊田真由子の姿こそ官尊民卑の東大官僚の実像である

週刊文春は東大官僚と癒着する報道ジャーナリズムである。取材力の無い文春に官僚が自由にできる政治資金報告書の情報が漏れ出ている。これは東大官僚を軽視し、官邸主導政治へ邁進する安倍政権への官僚の恐怖心が反映しているとみるべきである。その恐怖心は、豊田真由子の実像が暴き出されて、自らの国民蔑視、官尊民卑政治の正体が暴きだされたという自覚から発生している。難関進学高校から東大法学部出身者の破格の天才の実像が国民に知れ渡ったからに他ならない。

 

我々も改めて豊田真由子の狂気の暴言を聴いた。まさしく傲慢無礼、国民蔑視の本性以外の何物でもない。この驕慢さは豊田真由子だけではなく、厚顔無恥な新聞記者さえとりつくしまがない傲慢さの東大元総長の蓮見重彦の姿とも重なりあう。そして庁内でも平気で罵声を上げる財務官僚の実像でもあるからだ。彼らに国民の政治など期待するのも愚かなことである。

 

日本政府とは、こんな東大官僚によって支配され、運営されてきた政府なのである。国民に向かうべき国民主権の政治とはおよそほど遠い行政が、彼らに発していたことがよく理解できただろう。国家や国民の利益など全く念頭になく、山積する難問は解決する能力がないから先送りにしてさっさと天下りして自己利益だけを追求してきた。失われた20年、30年の日本経済の衰退はもとより、少子高齢化やこの国の社会のセーフティーネットワークなど、何一つ機能していないが、これこそ東大官僚の不作為による人災なのである。

 

安倍晋三が加計学園や森友から賄賂を貰っていないならば、週刊文春の暴露記事など気に留める必要もないであろう。文春の記事や失言をとらえて大臣やめろを叫ぶ左翼野党や民進党などの批判にも耳を貸す必要もないであろう。安倍晋三の強権政治などどこにもないからだ。

 

文春の記事や失言で窮地に立たされている自民党の議員など、下村元文科大臣にせよ、稲田防衛大臣にせよ、自民党都議会と同じ利権漁りの腐れ自民党員か、バカな右翼政治家である。もとより安倍晋三の政治改革には役に立たないで人間だから、それらも含めて無視することだ。

 

安倍晋三は都議選の自民党候補者の応援演説はしないはずである。体調不良がその理由ではない。都議会自民党員のほとんどが、東大官僚に寄生する腐れ自民党員だからである。全員落選でも容認するのではないか。自民党が都議選で大敗しても政権運営に支障はないと考えているに違いない。それは、新聞社の国民世論ではなく、当の国民世論の圧倒的な支持を確信しているからである。

 

自民党反対の左翼共産党や民進党が口汚く安倍晋三打倒を主張することは、打倒すべき豊田真由子のような東大官僚の日本政府の政治を肯定し、擁護し、そして国民へ悪害をもたらす反国民的愚行であることを自覚すべきである。

 

 

|
|

« 官僚政治を変える政界再編の道‐政治改革を望む国民は理念なき自民党反対の左翼ジャーナリズムや政党と決別せよ | トップページ | 東電福島原発事故は東大の独善が生んだ人災である‐津波の危険性を過小評価した原発企業経営者の重大な過失である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512857/65473535

この記事へのトラックバック一覧です: 東大官僚がパニックを起こして安倍晋三政権潰しに出ている―豊田真由子の姿こそ官尊民卑の東大官僚の実像である:

« 官僚政治を変える政界再編の道‐政治改革を望む国民は理念なき自民党反対の左翼ジャーナリズムや政党と決別せよ | トップページ | 東電福島原発事故は東大の独善が生んだ人災である‐津波の危険性を過小評価した原発企業経営者の重大な過失である »