« 安倍晋三降ろしの官僚の反撃が始まった‐左翼とマスメディアの理念なき疑惑報道 | トップページ | 官僚政治を変える政界再編の道‐政治改革を望む国民は理念なき自民党反対の左翼ジャーナリズムや政党と決別せよ »

加計学園問題の本質―官僚支配政治に対する安倍晋三の挑戦である

安倍晋三が旧友の便宜を図り、見返りに金銭を授受する魂胆で獣医学部新設認可を文科省に働きかけしたのなら潔く政治家を辞めるべきである。しかし、金銭授受などの汚職がないなら、国民の代表として文科省に圧力をかけ、審査の進捗を促すことなど当然の行動である。日本のメディアは、あろうことかNHKまでもがこの首相の行動が違法行為であるかの如く報道している。

 

霞が関の東大官僚が最高権力者の威光を利用して、自己保身ならぬ自己利益のために不正な行政をしてきたことなど今更言うまでもないことであろう。前川前事務次官の早稲田への天下り汚職など日常茶飯事であり、東大官僚にとって取るに足らない問題だったはずだ。つまり文科省の大学認可など、国家国民の視点で行われたことなど皆無である。補助金交付という利権を餌に、早稲田や慶応という有力私立大学さえ支配してきたのである。

 

近畿地方には大阪府立大学と岐阜大学に獣医学部がある。京都に獣医学部を新設する理由は客観的に見て乏しいのではないか。これに対して四国に農学部はあるものの獣医学部は全くない。愛媛県の今治市が地域振興も目的にして獣医学部誘致を図ることに批判の余地など無いのではないか。文科省と癒着する老舗私大は今治市にとって強力な障害物である。安倍晋三が掲げた規制改革の一環として、文科省の権限が及ばない教育特区構想に飛びつかない理由はない。首相の友人である加計学園誘致を働き掛けることなど当たり前のことではないか。これこそ東大官僚が支配する日本の行政の歪みから逃れる唯一の方法のようなものであるからだ。

 

腐れ自民党の政治屋は自分の汚職が暴かれる前例を作りたくないために前川前事務次官の国会招致を拒否したが、加計学園から金銭を貰っていない安倍なら、前川の国会喚問に応ずべきであった。前川が言う安倍の威光だという文書は文科省の実態、恥部を国民にさらすようなものだからだ。そして文科省だけでなく、財務省の東大官僚などありもしない最高権力者の名前をかたって自らの利権政治を推進することなど常識だからだ。文科省の役人官僚にとって、自分に都合の良い政策をごり押しするために「トップの強い意向だ」などの文言は常套句といっていい。

 

文科省の官僚が意図的に流す内部文書をもとに安倍晋三をあたかも不正を犯した者のごとく批判する民進党の連坊や共産党の小池晃など、日本の政治の積年の悪弊を理解せず、東大官僚独独善政治を肯定し、庇護し、そして国民を見下す政治を肯定するようなおぞましいほどの無知蒙昧の政治屋と断ずる他はない。安倍晋三はどうしようもない薩長同盟尊王攘夷のバカ右翼政治家である。しかし、間違いなく官尊民卑の東大官僚支配の統治機構に穴を開けたいという理念を表明した「自民党をぶっ壊す」小泉純一郎の後継者なのである。

 

東大官僚中央集権政治に挑戦する安倍晋三以外に、日本の腐れ自民党政治たる東大官僚支配霞が関の政治を改革できる政治家はいない。マスメディアの記者は、東大卒を含めてそのことを十分に承知している。しかし、我が身可愛さに東大官僚の安倍晋三潰しに加担し、支持率低下の世論誘導に手を汚しているのである。

 

心ある大多数の日本国民は、この醜悪なメディアの姿に辟易している。加計学園問題の本質は、文科省の従来の邪な大学設置の認可行政にあることを指摘しておきたい。そしてそれを覆した安倍晋三を犯罪者の如くに喧伝する問題すり替えに騙されないことが大事なことであろう。

|
|

« 安倍晋三降ろしの官僚の反撃が始まった‐左翼とマスメディアの理念なき疑惑報道 | トップページ | 官僚政治を変える政界再編の道‐政治改革を望む国民は理念なき自民党反対の左翼ジャーナリズムや政党と決別せよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512857/65437091

この記事へのトラックバック一覧です: 加計学園問題の本質―官僚支配政治に対する安倍晋三の挑戦である:

« 安倍晋三降ろしの官僚の反撃が始まった‐左翼とマスメディアの理念なき疑惑報道 | トップページ | 官僚政治を変える政界再編の道‐政治改革を望む国民は理念なき自民党反対の左翼ジャーナリズムや政党と決別せよ »